blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. うつわもの
  4. 「よそう」を楽しむ器

「よそう」を楽しむ器

器はあくまでも食べ物を、「よそう」もの。
主役は食べものですよね。

だけど、その「脇役」の役目は、
脇役というにはもったいない程に大事です。

同じ量であっても
大きい器によそえば、量は少なく見えるし、
小さい器によそえば、多く見えます。

やっぱりきれいな色、きれいな柄の器に
よそえば、より美味しく見えますよね。

あなたのお食事、よそっている器で
少し損していませんか?

たくさんある器の中でも個性的で
つい「よそいたくなる食器」
を作っている1人の作家さんを紹介します。

南丹市八木町に住む
サクラ陶房さんです。

 

灰釉を使ったかっこいい作品が多いのですが、
今回おススメするのはこの三連皿。

何よりこの形がとても目をひき、魅力的です。
漬物や、お豆腐、黒豆等、

食卓にワンポイントを足してバラエティ豊かな食事を
完成させてくれます。

今日はこの三連皿に何をよそうか。
あれと、これと、、、これかな?なんて

毎日楽しくなること間違いなしです。

 

ぜひこのお皿から
「よそう」を楽しむ生活をはじめよう!

ネットでも販売中
気になったらクリック!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事