blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アロマ ・食品
  4. 八木町民の想いがお菓子に。山の芋と小豆の「みなのそば」

八木町民の想いがお菓子に。山の芋と小豆の「みなのそば」

みんなのそばに…そんな想いがこもった「みなのそば」

南丹市商工会の、八木町女性部の有志メンバー、むつみ会が、
愛情たっぷり込めて作っているお菓子です。

地域の素材を活かした特産品を…と、開発されたこの商品。
氷室の里、という、農業交流施設にて、制作されています。

 

 

特産品の、米粉、山の芋、小豆を練り合わせていきます。

 

 

絞り出して、小石を置きます。
これは、八木町を流れる大堰川の流れと小石をイメージしているのだとか。
なんともおしゃれな計らいです。

 

 

 

 

間には、羊羹が挟まれています。これも地元の小豆を使って、丁寧に作ります。

 

 

生地を蒸して、羊羹を挟んで、2日がかりで作ります。

 

 

じつは八木町のお菓子でありながら、今まで町内で買える場所がありませんでした。
わざどころPONが、八木町内で手に取ることができるはじめての場所です。

 

しっとりふわふわで、緑茶はもちろん、コーヒーや紅茶にもあいます。
凍らせてアイスと食べても美味しいです。

 

数量限定生産となりますので、在庫切れしている場合もありますが、
わざどころPONに常に置いておくように心がけております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事